ABOUT SUMIRE ISHIOKA

SUMIRE ISHIOKA(スミレイシオカ)はツイードキモノ(着物)の創造をメインに、スタイリング、テキスタイルデザインを軸に活動している。

ツイードキモノとは…
「織の宝石ツイードで着物を創りたい」という着物アーティスト石岡すみれから誕生した作品である。カラフルでパワフルなファンシーツイードの世界にのめりこみ“纏うことの叶うアートピース”として1点物に拘り制作している。ブランドとしての責任を問い続け少量を丁寧に仕上げる、過剰に作り過ぎない事を目指す。国内生産のオリジナルツイード生地や、海外セレクト生地を用いて、唯一無二のツイードキモノ(着物)を国内自社アトリエでスタッフが制作中。

またアートワークとして糸(意図)を繋ぎ合わせたものを使用し、実験としてアーティスト本人が手織りするライン。手織りは電力や火力を必要としないため、エコロジカルな手法を選んだ。手仕事の可能性や織について追求するとともに、ツイードを通して歴史や現代に対する叫びを「現代アート」としてカタチにし問い続けている。

ツイード小物アイテムとは…
SUMIRE ISHIOKAではツイード着物の制作過程で出る「残糸&残布」を廃棄せずアップサイクルとして生かし「サスティナブル」な、ものづくりを心がけている。
その為デザインの段階で、テキスタイル本来の美しさをより感じて頂きたい想いから、
シンプルで飽きのこないデザインに。色の組み合わせやパーツもお気に入りを探して貰うため1点物で製作している。

また着物文化から学び「世代を超えて受け継ぐ」事や、「物を永く大切にする」という哲学をブランドを通して世界へシェアしていきたいひとつ。気持ちの糸を紡ぐ、思いやりを持った発信を継続し国内の激減している織物産業とコラボを重ね織物業界にも貢献していきたいと考える。

身に付ける色のお守りとして、どんな時でもSUMIRE ISHIOKAの色彩を纏って笑顔でいて欲しい。美しく織りなす事が、心のビタミンになり救済になることを願って。
何気ない1日を特別な1日に。
「美しいものを大切にする喜び」を、何度でもあなたと考えていきたい。

©SUMIRE ISHIOKA